『人材輩出団体を卒業した身として、胸を張れる先輩になりたい』  ——株式会社ワークスアプリケーションズ 長野のどか《OBOG インタビュー》 

アイセックには、外部関係統括として、外部の企業やOB、OGと関わっていく役職が存在します。今回は、2014年に、外部関係統括を務められた長野のどか[ながののどか]さんに、アイセックのメンバーとして大学4年間をどのように過ごしてきたのか、社会人目線で見る、学生団体アイセックの社会からの需要、そして社会人になってからも我々アイセック青山学院大学委員会に関わってくださる理由を伺いました。

——外部関係局に関わろうと思ったきっかけを教えてください。

 外部関係局に関わり始めたのは、本格的には2年生の時からで、1年生の時は、AG Alumni Gathering(AGAG)を少し手伝っていたくらいで、外部関係局を遠い存在だと感じていました。
 2年生の時に外部関係局に入ったきっかけは、私がもともと送り出し事業局にいた時の問題意識にあると思います。送り出し事業局は、基本的に、日本の学生、インターン生相手に活動をしていました。その活動の中で感じた問題意識は、海外インターンに行く前は一緒に準備をし、インターン中もサポートをし、帰ってきたら振り返りの機会を一緒に作るという送り出し事業局の基本の活動において、その一連のインターンの流れの間しかインターン生と関わりがないことです。言ってしまえば、帰ってきたらもう、道を交えることができないと思いました。せっかくアイセックの醍醐味であるインターンを経験して帰ってこられた方なのに、そんな人をいとも簡単に手放すのは勿体無いなと思っていた。それをその当時の委員会の委員長の方と、次の年は何をやりたいという話をした時に、そういう問題意識にアプローチできる機会があったらいいなと思っていますと言ったら、外部関係局で扱えるのではないかということを言われて、じゃあやるかという感じで、入りました。
 だから、当時結構、外部関係局といえば、企業にインターンを紹介するメンバーが多い、受け入れ事業局のメンバーが多いという、そこの結びつきが結構強かったんですけど、私が入ってだいぶ、外部関係局を、学生を普段顧客として扱っている送り出し事業局寄りにした部分はありますね。
 それで、2年生3年生と、送り出し事業をやりつつ、兼務という形で、インターンOBOG生と、現役のアイセックメンバーとの繋がりを構築するために、インターン生のOBOG会を開催していました。

——就職活動や、その後卒業を控え、多くのメンバーが引退している4年生という学年で、外部関係統括という役職に就いた理由を教えてください。

 そうですね、3年生まで普通に送り出し事業局と外部関係局兼務だったので、そのまま3年生で引退して、就職活動するつもりでいたんですけど、突然、委員長候補の方に呼ばれて、統括をやらないかと、当日に初めて言われて、寝耳に水という感じでした。それまで全然統括に就くつもりもなく、統括をやる器じゃないと思っていたので、絶対無理だとその時は断ったんですけど、その後、結局その方が委員長に決まって、夜家に帰る途中、やるべきなのか、と考えました。間違いなく4年生で統括に就けば、就職活動や卒業論文で忙しいのに、さらにやることが増えるわけで、それって全部できるのかなって悩みました。でも、せっかくのチャンスだし、ここでやらないで後悔するよりは絶対やって、どんな形であれ最後までやり遂げた方が自分のためになるなって思って、その帰り道に次期委員長にメールを打ってやりますって言って、やることにしました。

——外部関係統括という役職に就いて、やりがいは感じましたか。また、得られたものはなんですか。

 正直、ただの挑戦の気持ちと勢いだったんですけど、でもやってよかったと心底思っています。だからこそ、こういうインタビューで聞かれる人に対して必ず言うのは、もっと早くやればよかったっていうことです。4年生でやると、私はもう4年で卒業するって決めていたのもあるんですけど、やっぱりその次の年は、学生でも、現役アイセックメンバーでもないわけです。そうすると、統括として得た知識や経験を、アイセックに所属して活かすことができない。統括とか上の立場になると、やっぱり見える景色が全然変わります。端的に言うと、すごく視野が広がった。全然頭の使い方とかも違うし、やらなきゃいけない範囲も広いし、考えることも多い。今までは自分の局のことだけを考えていればよかったけど、組織全体のことを考えなければいけない。つまり、外部関係局にとって、得なことだけを追求してもやっぱり意味がない。さらに、青山学院大学委員会の代表者になり、他の委員会と関わる、他の委員会に目を向けることも当然多くなる。 だから、これをもっと早くに経験しておけば、もっとアイセックでの経験の積み方が変わったのかなっていうのはすごく思いました。且つ、やっぱり自分が未熟だなっていうのも同時に凄く感じたので、それでどんな環境、どんな世界でも通用するような人間になりたいと思って、今の会社に入ったのもあります。そういった、自分が未熟だって気づくきっかけになったのもやはり統括の経験からなので、すごくやってよかったなって思うんです。

——社会人としての観点から、今のアイセックが社会に求められていると感じますか。

 答えるのが難しいけど、単純にアイセックを卒業した学生は、とても需要があると思う。うん、そうですね、それはすごく思います。自分で考えて、且つ、考えるだけではなくて、自分で動いて実際に問題を解決していくみたいなところを、アイセックほど経験値を積める場所ってすごく少ないと思っていて。社会人でも、やっぱりこう、考えることは抜きん出ていても、実際やってみると、人を巻き込みきれなかったり、最後の最後までやり遂げるみたいなところができなかったり、実際に行動に移すっていう点で、心が折れてしまうところもあったりする。そういう意味で、やっぱりこれだけ問題解決力を学生の頃から持っている人たちは、多分どこに行っても本当に、うまくいくんだろうなっていうのは、すごく思いました。

——今も、長野さんが現役アイセックメンバーに関わってくださる理由を教えてください。

 理由は、はじめに、この団体をずっと見届けて行きたいっていう気持ちがあります。学生の時にも、すごい価値のあることをやっているなっていう気持ちは、自分が活動をしていても感じました。だから、人材輩出団体として、これだけ問題解決力の高い人たちをたくさん世の中に送り出して、どんな形であれ社会課題にアプローチしている人たちを、54年送り出してきているって単純にすごいと思うし、そんな団体が今後、どう発展していくのかということを、単純に興味として見届けて行きたいっていう思いがありますね。あとは、アイセックに交わっていることによって、気づきも多く得られるっていうのがあります。自分の成長っていうか自己研鑽(じこけんさん)みたいな意味合いでも楽しいなって思うし、あとは何かな、学生の時に気づけなかったこととかっていうのをすごい社会人になってから、あの時もっとこうすればよかったなっていうのを思ったりもするので、それを少しでも現役のメンバーの方に伝えられたらいいなっていうのもあって、いろいろありますね。
 しかし、やはり1番大きいのは、やっぱり人材輩出団体を卒業した身として、胸を張れる先輩になりたいっていうことですかね。それは卒業した当初からずっと思っていたことで、人材輩出団体を学生時代謳っておきながら、たいしたことのない大人になったら恥ずかしいなっていうのはあるので、自分を律するためにも今も現役生に関わり続けているっていうところがあって、その姿を後輩に見せられたらいいなっていう思いもあります。

2017.11.08